« 経営工学部門の魅力とは | トップページ | SUKIYAKI塾 口頭試験講座 »

2008年11月 1日 (土)

20年度技術士試験 電気電子部門筆記合格率はなぜ上がったか

電気電子部門の筆記合格者の皆さんへ

祝!筆記合格。おめでとうございます。

「電気電子部門」の合格率が急上昇したのは予想どおりですが、これは「電気電子部門」に関係のない私如きが云々したから(SUKIYAKI塾掲示板 zoneさんコメント)では、もちろんありません。

平成19年12月21日開催の「技術士分科会(第15回)」で、電気電子部門の合格率の低さをコメントした委員がいて、対応する(善処するという意味でしょう)方向になっていることが、議事要旨にはっきりと書かれているわけです(下記URL参照)。実はその前にあった試験部会で既に、このことは議論されているのですが。

ついでに余計なことを申し上げると、「20年度電気電子部門」口頭試験の不合格率は目立たない・・と予想します。20年度「電気電子部門」の筆記合格率は17.0%だったですが、これは次のようにして決まったと予想するからです。
合格率を19年度から上げたとしても部門最低では印象が悪い・・キッチリ最下位から二番目になっているでしょう(?)。恐らく19年度建設部門の合格率(16.7%)を目標にしたものでは。建設部門はあまり変動しませんから、あの程度にしておけば目立たないと・・。結果として、20年度の建設部門合格率は15.9%と下がってしまいましたから、余計目立たなくなったという次第。

では、20年度の「電気電子部門」の口頭試験不合格率はどの程度でしょうか。16年度並の10%程度と予想します。19年度の不合格率が6%程度ですからね。目立たないように、せいぜい2倍の12%以上にはならないでしょう。但し、あくまで「予想」です。当たるも○○当たらぬも。「予想」はよそう・・って思っているのですが、ツイツイ(笑)。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu7/gijiroku/001/08020703.htm

|

« 経営工学部門の魅力とは | トップページ | SUKIYAKI塾 口頭試験講座 »

技術士試験」カテゴリの記事

コメント

IntPEさんへ
はじめまして
私はAPECさんのホームページで
たまに掲示板でお会いする(?)「電気電子受験者」です。
IntPEさんは私が受験した電気電子分野とは違う部門の技術士さんですが、なかなか鋭い解析内容だと思います。
私も今年合格率がアップした電気電子部門(筆記)で滑り込んだ一人です。
口頭試験を受け、後はじっと待つしかない今日この頃です。
私は選択科目が情報通信で、口頭試験の合格率も、毎年良くなく戦々兢々としている今日この頃です。(情報通信の今年度の筆記合格率は13.9%と低く、かなり危ないところで冷や冷やものでした。)
部門は違いますが、技術士さんとしてご指導・ご教示等よろしくお願い致します。

投稿: TERU | 2009年1月 4日 (日) 18時29分

TERU様
かなり前の書き込みに対してコメントありがとうございました。口頭合格をお祈りします。
さて、この内容自体が、Sukiyaki塾掲示板への書き込みに対する回答です。
私自身は、電気電子部門の受験者の応援団というつもりはありません。が、会社とSkiyaki塾の講座講師をやっていて、電気電子部門の筆記試験で低い合格率がかなり続いたのを気にしていた(嘆いていた)のは確かです。
Sukiyaki塾の口頭試験講座受講者の中に、電気電子部門で3ヵ年筆記不合格で今年度やっと合格したという方がおられました。聞けば・・今後、機械部門も受験されるとのこと。機械⇒電気電子の順に受験すれば、今頃は2部門の技術士だったのに・・って(笑)。「機械」と「電気電子」は表裏の関係だと、私は勝手に思っていて親近感があります。「原子力・放射線」には「機械」系と「電気電子」系の人が多く、そういう意味でも。
現に私は「電気電子」の講演会によく参加させていただいています。そういう近い関係なんですね。落ちがなかった・・(笑)
今後も頑張ってください。IntPE

投稿: IntPE | 2009年1月 4日 (日) 19時04分

早速のご返信ありがとうございます。
確かに電気電子と機械は私はメーカに勤務していますので関係が深いものですね。
私が電気電子以外で比較的近いのが情報工学でしょうか。(sukiyaki塾ではマイコンさんにご指導頂きました。)
参考ですがIntPEさんは、
原子力・放射線(核燃サイクル)/機械(交通・物流建設機械)部門とお聞きしていますが
ご専門は上記どちらに近いのでしょうか?
差し支えない範囲で可能でしたらお教え願います。

投稿: TERU | 2009年1月 4日 (日) 20時27分

TERU様
再度コメントありがとうございます。
専門ですかぁ(笑)。何なんでしょうね。自ら垣根を作らず仕事に取り組もうとしていますが、あえて申し上げれば・・(経歴に近くなってしまいますねぇ)。

機械工学出身、重工業会社へ入り、物流機械・システム設計、一般機械設計(以上、約5年)、それ以降は原子力技術部門。いわゆる機械屋ですが、原子力屋もどき・・といったところでしょうか。
内容は、技術士の部門で主なものから順番に言えば、原子力・放射線>核燃料サイクル>輸送・貯蔵/MOX燃料加工、機械>交通・物流・建機>物流、又は加工・FA・産業機械>FA・産業機械、経営工学>サービスM>PJマネジメント、金属>表面技術>防食・・(かなり後ろに)電気・電子>電気設備です。
この順番に技術士試験を受験しようとして、現在、原子力→総監(原子力)→機械まで来たところです。電気電子まで受験するかどうかは・・正直、疑問です(笑)。ちなみに・・APECエンジニアは原子力がないので、Mechanicalで登録。情報処理関係では、初級シスアドを取得済みで、次に上級を受験(?)。

なお、将来的には、社会貢献として「中小企業支援」を考えています。このため、企業経営、財務・会計などの勉強をして「中小企業診断士」を取得することを計画中。中小企業庁の「新現役(シニア人材)チャレンジ支援事業」を、これを受けた機械学会や技術士会が開始した活動を、ご存じでしょうか。・・ってところです。おっと・・近く、PMP(Project Management Professional)資格試験を受ける予定です。IntPE

投稿: IntPE | 2009年1月 5日 (月) 07時09分

IntPEさんは経験を使い捨てにしていないということですね。言葉を変えると大部分を有効利用されているという事ですね。
たしかAPECさんが似たようなことを受験指導の文言で書かれていたような気がします。
私は技術士受験でこの「経験を使い捨てにしない」と言う事の大切さが本当に良く分かりました。
私は無線通信機のメーカに入社以来、研究、開発部門で業務がそんなに変わることなく過ごしてきましたがずいぶん使い捨ててしまった感があります。
ところで、本日は、APECさんの掲示板で私が長文で読みづらい書き込みをしてしまった後さらっとフォローしていただきありがとうございました。

投稿: TERU | 2009年1月 5日 (月) 23時52分

TERU様

電気電子部門の最終合格 おめでとうございます。なぜ分かるかって?
口頭試験全員合格だから・・です(笑)。
苦節何年ですか。良かったですね。でもホントはこれからです。今後も頑張ってください。

最近知ったのですが・・情報処理試験にはもうシスアドって名前自体がないんですねぇ。今浦島でした(笑)。IntPE

投稿: IntPE | 2009年3月 7日 (土) 10時33分

IntPE様
TERUです。
励ましのお言葉ありがとうございます。
電気電子・情報通信は口頭試験が全員合格でした。
情報通信は筆記が電気電子部門で最低でしたので口頭試験でこれ以上合格率を下げたく無かったのでは?と勘ぐってしまいます。
合格したのは嬉しいのですが、口頭試験で私ははたして本当に採点されたのでしょうか?と少し自問自答しまいます。
ともあれ、今後は後に続く人にアドバイス等出来る様、また自己研鑽(なかなかこの言葉通り出来ないものですが)に努めたいと思っています。
今後共ご指導等よろしくお願い致します。


投稿: TERU | 2009年3月 8日 (日) 21時59分

深夜(と言おうか超早朝と言おうか)に書き込みをしていると・・フッと不気味に思うことがあります。

来訪者のカウンターがカチャカチャ鳴っていて、「人気記事ランキング」で来訪者がどこを見ておられるか・・も情報がある・・だけどその実態(?)のコメントがあまりナイ。これはどういうことなのでしょうか。

「あの世」にでも居るような・・怖さが背中の方からゾクゾクと・・・
でも、数少ないコメントを再読しながら、自分を元気づけています(笑)。IntPE

投稿: IntPE | 2010年2月10日 (水) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500342/42971719

この記事へのトラックバック一覧です: 20年度技術士試験 電気電子部門筆記合格率はなぜ上がったか:

« 経営工学部門の魅力とは | トップページ | SUKIYAKI塾 口頭試験講座 »