« PM リーダシップ研修を受講 | トップページ | 技術士建設部門筆記試験合格率はなぜ最低なのか »

2009年11月14日 (土)

スペイン8日間旅行

2000年に初めて仕事で訪問したスペインに、今回(11月3日~11月10日)は、妻と旅行をした。

(成田→アムステルダム・スキポール空港経由)マドリード→トレド→コンスエグラ(風車の村)→コルドバ→セビリア→ミハス(地中海の見える観光村)→グラナダ→バレンシア→バルセロナ(ロンドン経由成田)の旅。ホテルはB~Cグレード。各地の観光と食事(生ハム+ワイン)を堪能。

成果は観光と生ハムだけではなかった。ローマ帝国時代からの歴史、キリスト教文化とイスラム文化の歴史的な境界、そしてヨーロッパとアフリカの地理的境界に触れてきたこと・・と言えるだろう。IntPE

|

« PM リーダシップ研修を受講 | トップページ | 技術士建設部門筆記試験合格率はなぜ最低なのか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

スペインにも風車があったんですね。
知りませんでした。
ネットで検索したら、ドンキホーテの舞台になった街だとか。
私も年末年始にポルトガルとスペインに行きますが、リスボンとバルセロナを拠点にするので、風車の村には行けそうにありません。
また機会があれば、行ってみようと思います。

投稿: イマジン | 2009年11月18日 (水) 16時37分

イマジン様

スペインの古都トレド(マドリッドの南、車で1時間程度)は歴史を感じさせる場所です。イタリアのルネッサンスも、トレドの情報のおかげとか。そして、この地にギリシャやローマ時代の知恵を集めたのはイスラムのようなのです。まさに文明の交錯するところはレベルが高い・・ということでしょうか。

2000年と今年の二度、私はトレドを訪問しましたが、今回は観光用エスカレータが出来ていたりして、かなり変わったという印象でした。でも、古いものは古い(笑)。
風車の村は、トレドのまた南です。IntPE

投稿: IntPE | 2009年11月20日 (金) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PM リーダシップ研修を受講 | トップページ | 技術士建設部門筆記試験合格率はなぜ最低なのか »