« 3.11東日本大震災直後のドイツ語圏を行く | トップページ | 青技懇 総監受験講座 (2) »

2011年4月19日 (火)

近畿青年技術士懇談会 総監受験講座(1)

平成23年4月17日10:30~17:30 PMPさんを講師とする総監講座が開かれた。 場所は西宮市大学交流センター,参加者は8名(PMPさんと私を含む)。 プロジェクタあり、参加者各々にバソコンありで設備的には文句なし。 私は・・と言えば,一応総監技術士で,今回も講師という立場になっている(PMPさんのご好意?で)。が,はなはだ心もとない能力レベルではある。 正直なところ,PMPさんが総監をどう講義されるかに興味津々で・・参加したようなもの。

実は・・・PMPさんは私の「影の(本人PMPさんも知らなかったという意味で)師匠」的存在。 私はPMPさんのHPで勉強して総監を受験し合格した・・・のであるから。 PMPさんとは,その後sukiyaki塾口頭試験講座で初顔合わせし,最近ではPMPさんの講演に(いじわる質問をするため?)私が参加したり,逆の関係になったり・・・。 例えば,近畿青年技術士懇談会(略称:青技懇。注:青年は幹事だけ)今年1月の例会でPMPさんがマインドマップの話をすれば、次の例会では私が,それを意識してマイドマップを利用した講義をする・・・とか。 お互いを意識する関係に発展(?)してきていた(ようだ)。 でも・・PMPさんが「影の師匠」であることは,最近まで内緒にしていた。(実は・・総監だけではない。 私がPMP資格を取ったのも,ひょっとするとPMPさんのHPの影響かもしれないのだ。 私としては断じてそう思いたくないのだが・・・笑)

さて,今回講座の内容であるが・・・。 「集中講座」として2回開催(4/17, 4/24)。 後は,受験申込み期限(5/9)までskypeによる個人指導・・という形。 4/17は総監の全体像を把握するため,青本全体を解説講義。 2回目(4/24)①「技術的体験論文」と②「業務分析シート」を作成して,悔いなく「経歴票」(受験申込書)を提出することを目的とする。 ②は,いわば「経歴票の詳細版」であって,個々の「経歴」を「技術的体験論文」の骨子レベル迄展開するもの。 「理想ではあるがなかなかできない」内容ってところだ。 PMPさんから講座計画を貰った時,私は「内容の濃さ」に正直驚いた。 かってPMPさんのHPでキーワードの徹底解説版を見た時の驚きが蘇って背筋が・・・(笑うしかない!)。

計画拝見時の驚きは,講座の中でも再現した。 壺を・・テンポ良く・・受講者のカラを攻め落とす,脅し?(笑)。 ある意味,予想どおりではあったが。 多くを語る必要がないくらいに。 だがこの瞬間,私は自分の役割を知った。 PMPさんが怒涛の如く突っ走ってつくった荒々しい道の凹凸を(舗装とまではいかないが)少し滑らかにすれば良いのだ。 私は,「総監受験ガイドブック」(PMPさんの受験本)の要点を,事前にマインドマップ化しておいたのだ。 それが,私の補足説明で大いに役に立った。

結果として,実に有意義な1日であった。 その夜は,心地よく寝ることができたのは言うまでもない。 懇親会でのピールのせいかもしれないが・・・。 さてっと,次回(1週間後)が楽しみである。IntPE

|

« 3.11東日本大震災直後のドイツ語圏を行く | トップページ | 青技懇 総監受験講座 (2) »

技術士試験」カテゴリの記事

コメント

総監講座お疲れ様でした。

うむ~~~影の師匠とは知らなかった・・・・

今後ともよろしく願います。

では、失礼します。

投稿: PMP(☆虎) | 2011年4月26日 (火) 07時27分

PMP(☆虎)様
私の総監とPMP資格の受験の経緯は,実は書き込みのとおりなのです。というわけで、今回の総監講座だけでなく,いろいろお世話になり,ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。IntPE

投稿: IntPE | 2011年4月30日 (土) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500342/51435941

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿青年技術士懇談会 総監受験講座(1):

« 3.11東日本大震災直後のドイツ語圏を行く | トップページ | 青技懇 総監受験講座 (2) »