« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

「みんなの意見」は案外正しいか?

『「みんなの意見」は案外正しい』という本がある。ジャームズ・スロウィッキー著、角川文庫。傑出したとされる専門家の見解よりも,ふつうの人々(素人)の意見や感覚をまとめた方が、予測の精度や適用力が高くなることがある・・という説である。グーグルでの検索やウィキペディアなどをみていると、さもありなんと思われる。

だが、この場合の「みんな」は、各々それなりに独立した意志を持っていて,それほど「ド素人」でないことが前提となっているのではないだろうか。「ド素人」が「専門的知識」を知らないうちに判断するとどうなるか。特に、マスメディアや政治が「大衆迎合」する特定の分野では、「みんなの意見」が汚染されているように思える。(下記URL参照)

例えば「脱原発」。東日本大震災後、すぐに「脱原発」を表明した政治家や事業者がいた。軽水炉のタイプには2種類があり、そのうち1つのタイプ(沸騰水型、BWR)の2つの原子力発電所(福島第一、女川)に、同じ規模の津波が襲った。そのうち、1つの発電所(福島第一)で事故があった。つまり、単純に言えば、日本の原発のうち1/4になんらかの問題があったと考えられる。これが全体像である。この時、上記4種類の違いを理解しないうちに、「みんな」は「原子力発電全てを否定する」・・のでしょうか。上記の政治家や事業者が、それを知っていたとは思えない。

もし、多くの「みんな」が「全否定」するというのなら、そこにマスメディアや政治からの「間違った情報」が発信されているのではないか・・と疑ってみる必要がありそうである。こんなチェックリストがないと、「みんな」は誘導され易い。『「みんなの意見」は案外正しい』という時、全体像をしっかり把握した上で、このチェックを見逃さないことが重要であろう。

「脱原発」のみを志向して情報発信する某新聞が、最近、「脱原発」国民投票を呼びかけたが、期待どおりの成果が上がらないと報じている。「感情」は一瞬にしてなるが、「理解」するには時間がかかる。「感情」に訴えて、国民が理解しないうちに・・・。これなどは、上記でチェックすべき典型的な例ではなかろうか。先行しているドイツの真の姿を、よく観察してみよう。そんな情報を発信せずに、国民投票を呼びかけること、そこに「意図」はないのだろうか。

「専門家」を否定して、我も我もと「エセ評論家」にならんとする風潮。そこに、現在の日本人の「危うさ」の一端をみる。IntPE

http://management-frontier.livedoor.biz/archives/51728630.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

低線量被ばくのリスク 政府WGが報告

細野豪志大臣の要請で,政府・放射性物質汚染対策顧問会議の下の「低線量被ばくのリスク管理に関するWG」が,平成23年11月9日以来、8回にわたり議論を重ねた結果を,昨年末(12月22日)に報告書を公開した。全て公開(ネット動画配信,配布資料公開)で行われ透明性の高い議論であった。大臣は全てに参加し,熱心に質問を行った。

報告書の要旨は次のとおりである。が,やはり直接,報告書と動画を見ていただきたい。というのは,自称「放射線専門家」が,大震災当初からツィッターや講演・雑誌・TV等で過激な(無責任な)発言を繰り返したたり,行政寄りの発言をした学者が「御用学者」呼ばわりされたりしたことが,行政や学者への不信に繋がった(福島県伊達市長のWGでの発言)らしいので,微妙な部分を不正確に発言できないな・・と思うから。

でも,WGの主な目的と結論を要約したい。報告書で確認していただくことを前提に・・。

1.低線量(最近では200mSv以下とされることが多い)被ばくの国内外の科学的知見の整理・・・原爆被ばく者,チェルノブイリ原発事故での疫学調査結果等。⇒①発がんリスク: 原爆被ばく者の疫学調査では,100mSvを超える被ばく線量で発がんリスクが増加。国際的な合意では,同100mSv以下では,他の要因の影響に隠れてしまうほど小さい。 ②長期にわたる被ばくの健康影響: 短期より小さいと推定されている。500mSvを超える疫学調査結果: インドでは発がんリスクの増加はない。旧ソ連では増加の報告がある。  ③外部被ばくと内部被ばくの違い: 臓器に付与される等価線量が同じであればリスクは同等と評価できる。 核種が異なってもSv線量が同じであれば人体への影響は同じ。セシウムによる内部被ばくと膀胱がん(ウクライナ住民が増加したとの報告がある)リスクとの因果関係は,国際的には認められていない。 ④子供・胎児への影響: 年齢の違いによるリスク差は明らかでない。原爆による胎児被ばく者のリスクは,小児被ばくと同等かそれより低いことが示唆。 放射線による遺伝的影響は認められていない。 ⑤生体防御機能: 生体には発がんの過程を防御する仕組みがある。

2.放射線による健康リスクの考え方 ⇒①しきい値: 放射線防護/管理の立場からは,低線量被ばくであっても直線的にリスクが増加するという考え方を採用。 ②リスクの程度: 事故と自発的に選択できる他の被ばくリスクを単純に比較することは適切でないが,リスクの程度の理解には有効。 日本人のがん死亡率は約30%(都道府県で10%以上の差)で,長期に100mSvを被ばくすれば約0.5%増加。 喫煙は1,000~2,000mSv,肥満は200~500mSv,野菜不足や受動喫煙は100~200mSvのリスクと同等。 長期100mSv被ばくは,水道水からのクロロホルム摂取よりリスクは大きい。

3.低線量被ばくの影響・・特に①現在の避難指示基準(年間20mSv)が,どの程度のものなのか ⇒ 喫煙,肥満,野菜不足の発がんリスクより低く,避難によるストレスと比べられる程度。 ②特に配慮すべき事項は何か(子供や妊婦への対応等) ⇒ 子供は,放射線を避けることに伴うストレスに感受性が高いので、きめ細かな対応策が必要。                                                

4.リスクコミュニケーションのあり方(省略)                            5.まとめ ⇒ 3つの課題に対して5つの提言を行っている。IntPE

報告書 http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/twg/111222a.pdf

動画,配布資料 http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/news_111110.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

水素エネルギー協会(HESS)誌が届く

平成23年12月31日付け発行の協会誌『水素エネルギーシステム』Vol.36, No.4(2011)が、年末に手元に届いた。「エネルギーを俯瞰的に捉えるとは」(2011/11/13ブログ記事参照)という「市民の立場からの投稿」が掲載されたものであるが、「技術士事務所PMPE代表」という肩書で初めて執筆した、私としては記念すべきものとなった。

私の投稿は「論文」ではなかったが、かなり明確な事前チェック(用語の統一、意味不明など)があり、協会なりの編集方針が感じられた(好感が持てた)。中間での推敲の他、最終原稿への確認依頼があったが、遺憾ながら、この段階でも、当方の責による誤記が少しあった。世に出すものは十分に推敲しておくべきであることを肝に銘じた。

本稿の中の『エネルギー問題をめぐる「正義」とは』では、「パワー・ハングリー」(ロバート・ブランス著、英治出版)の訳者である古舘恒介氏の主張の影響を受けた(新たな開眼があった)。エネルギー論にも、自分なりの「正義」(枝葉でなく幹の部分)を明確にしないと、本当のところは理解して貰えないとも考えた。今後、新たな「広がり」を模索したい。IntPE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪技術振興協会誌 創立45周年記念号に投稿

2010年4月、協会が公益法人として発足以来45周年を迎え、「創立45周年記念号」が2012年1月1日付けで発行された。45周年記念号編集委員会から依頼があり、「10年後の未来を考える」に投稿し、座談会に参加した。その結果が掲載されているが、私としては反省点の多いものになってしまった。

今回の依頼は急であった。私は、昨2011年2月に入会したばかりで、最新の会員名簿に載っていないので、入会自体が他の会員に認識されていなかったようだ。協会誌の8月~9月号に『人は放射線に弱いのか』を連載して初めて、原子力・放射線部門(会員1名)がいるということになり、編集委員会にたまたま知り合いがいたために、座談会(9月)の直前になって、座談会への参加及び投稿のご依頼となったようだ。

私は・・といえば、3.11以降、年度内のご依頼は断らないという原則にしていたので、これが成立する結果となってしまった。その結果が、出来の悪い投稿と意味不明の座談会となった次第。

座談会は難しい。「口頭はいいかげん」と再認識させられた。座談会後時間がないということで、座談会原稿のチェックをしないことに同意したのが「敗因」である。IntPE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

技術の探究 アクセス数分析(2)

2008年4月~7月の(その1)では、「技術士部門の見直し」「技術士試験問題は誰がいつ作るか?」と「効率的な勉強法?(1)~(7)」の記事と「sukiyaki塾掲示板」への書き込みが、アクセス数の増加に寄与したことが分かった。2008年8月以降のアクセス数は次のとおり。

2008/8/9(土) 記事『技術士第二次(筆記)試験終る・・・「設問」は訴える』→ 530A                                                       2008/8/13(水) 記事「効率的な勉強法?(8)」→ 979A,8/15(金) 325A

2008/8/30 記事「電気電子部門はなぜ合格率が低い(?)」,9/7(日) 記事「電気電子部門合格率の秘密を推理する」→ 9/8(月) 474A,9/14(日) 記事「電気電子部門合格率の秘密を推理する(2)」→ 323A

2008/10/19 記事「技術士・経営工学部門3科目はなくなって良いか!!」                                 2008/11/1 記事「20年度技術士試験 電気電子部門筆記合格率はなぜ上がったか」

2008/11/17(月) 記事「技術的体験論文の弱点」(sukiyaki塾掲示板にリンク)→ 1,207A(過去第4位),11/18(火) 343A,11/19(水) 346A,11/20(木) 705A,11/21(金) 491A,11/22(土) 323A

2008/11/29(土) 記事「口頭試験突破策はトヨタのPDCAにあり」→ 545A                                              2009/3/11(水) (sukiyaki塾掲示板にリンク)→ 1,508A(過去最高),3/12(木) 666A,3/13(金) 481A,3/14(土) 335A,3/28 記事「日本技術士会 原子力・放射線部門は今・・・」(sukiyaki塾リンク)・・・,8/3(月) 309A,11/18(水) 396A,12/1(火) 352A

2010/1/10 記事「技術士建設部門筆記試験合格率はなぜ最低なのか」                                                    2010/4/17(土) 記事「技術士第二次試験講座(1) 受験申込」→ 4/18(日) 603A,4/19(月) 428A・・・,5/9(日) 339A,5/10(月) 457A,5/11(火) 321A                                                  2010/5/14(金) 記事「技術士試験問題は誰がいつ作るか?(22年度版)」→ 841A,8/9(月) 318A

2010/8/11(水) 記事「技術士第二次22年度機械部門一般(必須)問題の出題意図」→ 367A,10/30(土) 323A,11/1(月) 300A                                             2011/2/27 記事「技術士第一次試験(機械部門)模擬問題集の出版を夢想する」→ 3/2(水) 499A

2011/12/23(金) 記事『技術士試験問題になった「イノベーションのジレンマ」』→ 316A                                                                  ちなみに、一日アクセス数のトップ5(1,508、1,490、1,394、1,207、1,064)は、いずれもSUKIYAKI塾掲示板とリンクした日であり、SUKIYAKI塾への技術士試験受験者の関心度の高さが読み取れる。かくして、15万アクセスを突破するところ迄来たわけである。来訪者に感謝!IntPE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術の探究 アクセス数分析(1)

マーケティングマネジメント。コトラー&ケラー著が有名である。サービスを含む全てのビジネスにマーケティング戦略があり、その設計のためには市場調査・分析が欠かせないだろう。ブログにおいてもしかり。

①記事(書き込み)と一日アクセス数(A)の関係、②有名ページ(「技術士受験を応援するページ skiyaki塾」)掲示板のリンクと一日アクセス数(A)の関係を明らかにしてみたい。

このブログは2007/10/27に開設したが、半年ぐらいほったらかし。

2008/4/6(日) 記事「技術士第二次試験 技術部門の見直し」→ 396A,4/7(月) 433A

2008/5/18(日) 記事「APECさん近畿青技懇講演会」(②リンク)→ 1,064A(過去第5位),5/19(月) 865A,6/2(月) 827A,6/10(火) 654A

2008/6/11(水) 記事「技術士試験問題は誰がいつ作るか?」→ 1,490A(過去第2位),6/12(木) 475A,6/13(金) 310A

2008/6/22(日) 記事「効率的な勉強法?(1)(2)」(②リンク)→ 662A,6/23(月) 926A,6/24(火) 450A,6/25(水) 323A,6/26(木) 記事「効率的な勉強法?(3)」(②リンク)→ 1,394A(過去第3位),6/27(金) 854A,6/28(土) 記事「効率的な勉強法?(4)」→ 792A,6/29(日) 681A,6/30(月) 579A,7/1(火) 356A

2008/7/15(火) 記事「効率的な勉強法?(5)」(②リンク)→ 819A,7/16(水) 340A,7/17(火) 320A,7/18(金) 記事「効率的な勉強法?(6)」→ 496A,7/19(土) 456A,7/21(月) 303A,7/22(火)319A,7/26(土) 記事「効率的な勉強法?(7)」→ 788A,7/27(日) 533A,7/28(月) 707A,7/29(火) 360A,7/30(水) 369A,7/31(木) 416A,8/1(金) 382A,8/2(土) 343A,8/4(月) 431A    【続く】IntPE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »