« 技術士になって何をするのか | トップページ | 技術士試験問題は誰がいつ作るのか?(24年度版) »

2012年3月17日 (土)

「みんなの意見」は案外正しいか?(その2)

「みんなの意見」は案外正しいか?・・の最初の書き込みで、とても言えなかったことがある。それは、ジェームズ・スロウィッキー著『「みんなの意見」は案外正しい』の「路地裏」で発見した思いがけない、衝撃的な文章の意味についてである。

「集団の知恵」の好例としてグーグルがあるが、その検索原理は何であろうか。「一般に公開されていないが」としながらも、こう書かれている。『ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票と見做し、グーグルはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。しかしグーグルは単に票数(リンク数)を見るだけでなく、票を投じたページについても分析します。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです』っと。

グーグルは一番役に立ちそうなページを瞬時に選び出すために、選ぶ側も「重要度」により重みづけしているという。すなわち、賢い結果を得るには、重みづけされた「選挙権」が必要というわけである。『そういう意味ではグーグルは共和制であって完璧な民主制ではない。・・・。たくさんのページが間違ったページに大きな影響を行使する力を与えてしまったら、グーグルの検索結果は正確ではなくなってしまう。』

1票の格差のない「選挙権」とは相容れないこの考え方から「グーグルの賢さ」は達成されているという(この権利にも住む地域による格差があるのが日本の現状であるが)。一方で、経済は「資金をより多く持つ者」に大きな重みづけがあり、「市場原理」が是とされることが多いようである。

「民主主義」を否定するわけにはいかないだろうが、重みづけのない「民主主義」の「脆弱性」を認識しておくことは必要ではなかろうか。IntPE

|

« 技術士になって何をするのか | トップページ | 技術士試験問題は誰がいつ作るのか?(24年度版) »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500342/54241315

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなの意見」は案外正しいか?(その2):

« 技術士になって何をするのか | トップページ | 技術士試験問題は誰がいつ作るのか?(24年度版) »